ABOUT Burning Japan

バーニングジャパンとは

バーニングジャパンはアメリカ・ネバタ州で毎年開催されているバーニングマンと同じビジョンで開催する日本独自のローカルイベントです。参加者ひとりひとりが「傍観者にならない」で、いち表現者として「売買ではなく与えあうこと」で関わりあうユニークなキャンプイベントです。アート作品やパフォーマンス、音楽のほか、会期中の暮らしに必要な全てを持ち込んで架空の街を作り、また元のようにきれいにして終えます。(Video by Tomoya Nakamura, 2015)

「Burning Man」を知っているだろうか?

スマートフォンで「Burning Man」と調べてみる。
きっと、広大な砂漠に、巨大なアート、フェスのようなステージ、お化けのような車に、裸の人々の写真や映像がたくさん飛び込んでくるはずだ。
「なんだ、この世界は!」「こんなフェス行ってみたい!」きっと君は興奮すると思う。

でも「Burning Man」の本当の面白さは、この画像や映像から見えるものではない。
重要なのは、目に飛び込んでくるものは皆、あなたと同じ「参加者」であり、アートも車も「参加者が持ち寄ったもの」ということだ。

ここには、「出演者」という概念がない。
「No Spectators(傍観者になるな)」という合言葉のもと、参加者は好きなように自己表現する。

ここには、「商売」という概念がない。
会場内ではお金のやりとりは禁止され、見返りを求めないギフティングの精神によって、小さな社会が回っている。

何をしてもOKな訳じゃない。徹底的な自己責任の元、人に迷惑をかけてはいけない。小さなゴミ一つ残してはいけない。

そして、日頃の社会の中での自分の役割から解放され、本当の自分に会える場所になる。

ここまで話を聞くと、果たしてフェスなのか?という疑問が出てくる。
その通り、これはフェスではなく、新しい社会のモデルケースだ。

巨大なアートよりも、この精神性が重要だと気づいた時、日本でも開催できると思った。
それが日本のリージョナルイベント「Burning Japan」の始まりです。

そして今、このページをスマートフォンで見ているかもしれないけど、画面ではわからないことが沢山あります。
実際に参加して、日常とは違う世界を、本当の自分を、実感してみてください。

バーニングマンとは

リージョナルとは

近隣のイベント

バーニングマン(Burning Man)はアメリカ合衆国ネバダ州ブラックロック砂漠にて開催される、参加者主導型の野外イベントです。一週間に及ぶ会期のハイライトでは中央の『ザ・マン』と呼ばれる木製の人形(ひとがた)を燃やす事からバーニングマンと呼ばれています。

1986年の夏至にサンフランシスコのベイカー・ビーチで、ラリー・ハーヴェイとその友人たちが2.4mのザ・マンを燃やした時は仲間内のファミリーピクニックのようだったそうです。人々の熱狂に背中を押されて、バーニングマンは毎年回を重ねるごとに参加人数も増え、1990年には会場をブラックロック砂漠に移します。

規模の拡大にあわせて会場にストリートが出来、白く平たい土地には大規模なアート作品や様々な出し物ものをするテーマキャンプが立ち並び、さながら砂漠の中に忽然と現れる街のようだと、『ブラックロックシティ(Black Rock City)』と呼ばれるほどになりました。
2018年もアメリカのみならず世界各国から約7万人の参加者を集めて8月26日から9月6日まで開催されます。

■ Burning Man バーニングマン公式サイト  
https://burningman.org/

Wikipedia 「バーニングマン」

バーニングマンの会場は会期終了後約1ヶ月半をかけて元の姿に戻し、翌年夏までは無人の平野になります。しかし、バーニングマンでの経験を元に、年間を通じて地元地域で同様のカルチャーを継承するコミュニティが各地で形成されるようになりました。近年は全米のみならず世界各国に200名を超えるリージョナル・コンタクトが窓口として活動し、バーニングマンのユニークなビジョンに共鳴するオフィシャル・リージョナルイベントも年に40回以上開催されています。

「バーニングマン」といえば、年に一回アメリカのネバダ州で開催するもののみを指します。一方で、各国開催のイベントの中でもバーニングマンの10原則にのっとって、安全に開催されているイベントをオフィシャル・リージョナルバーンとしてバーニングマン運営が認定しています。フランチャイズでもなく、資金面でのサポートなども直接はありませんが、それぞれのコミュニティの中でバーニングマンのカルチャーが根付き、育つのを家族のように見守る関係にあります。

バーニングマンの影響力がブラックロック砂漠の会場から国境を超え、参加者それぞれの地元コミュニティーへ還元されるリージョナル・ネットワークの時代に突入していく中、日本も例外ではありません。少なくとも2007年までにはジャパン・リージョナルでも定期的なミートアップを開催するようになり、2012年からは日本のオフィシャル・リージョナルバーンであるバーニングジャパンを支えて来ました。

■ Burning Man Regional Network バーニングマン・リージョナルネットワーク
https://regionals.burningman.org/

■ Japan Regional ジャパン・リージョナル(日本窓口) 
https://regionals.burningman.org/regionals/asia/japan/

■ Burninja! ジャパン・リージョナルによる日本語コミュニティサイト
http://www.burninja.info/

アメリカ国内では州ごと、大きな州の中では都市ごとやエリアごとにバーニングマン参加者のコミュニティが出来ています。アジアでは日本のほかに、韓国、上海、台湾、フィリピン、シンガポール、インドの各国にて1名〜若干名のリージョナルコンタクトが窓口として活動しています。

■ Asia – Burning Man Regional Network アジアのリージョナル
https://regionals.burningman.org/regionals/asia/

バーニング・ジャパンから見て兄弟や従兄弟のようなイベントがアジア・環太平洋地域でいくつも開催されています。

2018年開催順
Kiwi Burn キウィ・バーン (1月24〜29日 ニュージーランド)
http://www.kiwiburn.com/

Blazing Swan ブレイジング・スワン (3月28日〜4月3日 オーストラリア、西オーストラリア州)
http://blazingswan.com.au/

Dragon Burn ドラゴンバーン(4月28日〜5月1日 中国浙江省湖州市)
http://www.dragonburn.org/

Burning Seed バーニング・シード(9月26日〜10月2日 オーストラリア、ニューサウスウェールズ州)
http://burningseed.com/

Meet The Team

WEB
Aya, Usshi, Ahmet

公式ウェブサイトのデザインから運営を担当。サバイバルガイド等の印刷物を含む情報発信と2Dデザインの制作を行います。

ART
Shake, Sae, Yu

会場の中心に立つフェニックスのほか、センターキャンプやストリートサイン等、主に立体物や木工の制作を担当します。

LOGISTICS
Mehyo, TOMO

バーニングジャパンの会場はキャンプ場ではないので、最低限のインフラ整備に必要な備品の調達、搬出入、設営を担当します。

ADMIN
Kayo, Makibee

2018年実行委員会の共同代表です。会場や周辺地域の皆さん、バーニングマン関連団体とのやりとりから、メディア&プレスの受付まで。参加者以外の方のお問い合わせは代表メールへご連絡ください。

THEME CAMP
Yoshi, afromance, Takayama

会場でアートやパフォーマンスを行うのに、何か大がかりなアイディアを持っている参加者グループとやりとりするのがテーマキャンプ部。テーマキャンプ申請アート申請ファイヤーパフォーマンス申請の全てを束ねています。

VOLCON
Araki, Tejimax, Macharu

ボランティアコーディネート部、略してボラコンはミートアップの開催と会場ボランティアの募集を担当。来て見て出会って、仲間になりたい!という参加者の皆さん、特に初心者をサポートします。まずはMEETUPで会いましょう!

Financial Report


2016年 活動収支報告

2016年の活動収支報告(PDF)をダウンロードできます。

2016活動収支報告


2017年 活動収支報告

2017年の活動収支報告(PDF)をダウンロードできます。

2017活動収支報告