FIRST TIMER’S GUIDE

バーニングジャパンでの過ごし方

バーニングジャパンは、インフラ設備がほぼ無い場所でも開催できます。サバイバルに必要なものは参加者が全て持ち込み、そして痕跡を残さず持ち帰る必要があります(10原則のLeave No Trace)。初めてバーニングジャパンに参加される方には、何を持っていけばいいか?どう過ごせばいいか?などわからず、少しハードルが高いかもしれません。それでも何もない場所に集まって過ごす感覚は、他に代えがたい楽しみもあります。
生活インフラだけでなく、エンターテイメントですらも自分たちの持ち寄りです。皆が集まってそれぞれの表現活動を楽しんで暮らせる場、真っ白なキャンバスを我々は用意します。そこで充分楽しめるよう、しっかり準備してきてください!

サバイバルに必要なもの

持ち物リスト

水場について

会場で提供するもの

【必ず必要なもの】
□ チケット/身分証明書
□ テント/ 寝袋
□ 飲み水/食べ物/飲み物 ※会場内の水は要煮沸です
□ マイカップ /皿、箸、フォークなど ※コロナ対策として食器等のシェアは禁止
□ ゴミ袋/携帯灰皿
□ ライト&予備の電池
□ 動きやすい靴(スニーカーなど)
□ 雨具
□ ファーストエイド/医薬品
□ 常識、オープンマインド、ユーモアのセンス、ポジティブな態度

【強くオススメなもの】
□ 調理用コンロ
□ クーラーボックス
□ コスチューム、楽器、小道具、デコレーションなど
□ キャンプマーカー (旗や看板など、自分のテントを目立たせるもの)
□ ルミカライトやELワイヤーなど、身体に身につける光るもの
□ 虫除け/虫さされの薬
□ 耳栓 (あなたが寝たいときに皆寝る訳ではない!)
□ スペアの車のカギ

2021年は水場と流しが会場内に3箇所あります。
水場の水は飲用ではありませんが、煮沸後であれば大丈夫です。料理や食器洗い、手洗いに使用できます。
必要な飲用水は参加者が各自で持参してください。

これまで水場もなく汚水の処理も参加者が行う必要があった時よりは楽ですが、汚水とゴミを一緒に流す事のないようご注意ください。
また汚水を仮設トイレに流すとすぐにトイレが使用不可になるので絶対にやめてください。

これまで水場がない時は紙皿や紙コップを使用する事もありましたが、2021年は水場もあるのでコロナ対策としてマイ食器を徹底する方針へ変更しました。

  • マイカップ、マイ食器、マイ箸などを必ず使用する
  • マイ食器等にマーキングをして自分のものだと分かるようにしておく
  • マイ食器等の貸し借りをしない
  • 紙皿や紙コップを使用しない
  • 瓶や缶の回し飲みをしない
  • マイ食器等を流しでこまめに洗う
  • 料理をシェアする場合はそれぞれのマイ食器等にとりわける
  • 調理中は飛沫対策を行う

食あたりには充分ご注意ください。

管理棟には内風呂がありますが、参加者分のキャパシティがないので会期中は使用禁止です。会場の出入りは自由なので、近所の日帰り温泉に分散してお出かけするのをオススメします。

基本的に参加者の手によって出来上がるとはいえ、街のインフラとなるいくつかの機能をオーガナイザーズが用意します。チケット収入はこれらの準備に充てられています。

    受付GATE:会場受付。チケットと引き換えにリストバンド、入場時の案内を行います。会場内よろず相談役のレンジャーの詰め所を兼ねます。
    センターキャンプ:パフォーマンスやワークショップを行うサーカステント。人と情報が集まる場。出し物のスケジュールを書き込む掲示板、マイクとスピーカー有り。大きなサウンドシステムはありませんが、アコースティックライブは出来ます。
    フェニックス:街のシンボルとなる木製フェニックス像。土曜の夜に盛大に燃やします。
    メディカルスタッフ:応急処置か医療機関への搬送が必要かを判断します。

会場の湯河原温泉キャンプ場にあるもの

    トイレ:仮設トイレ4つ、管理棟のトイレは女性専用とします。
    水場:蛇口と洗い場つきの3箇所
    薪ステーション:会場内で伐採した木の薪が利用できる事があります。
    ゴミ処理:基本的にゴミは持ち帰りですが、電車利用の参加者分は受付GATEで預かります。会場内に放置しないでください。

ないもの

    飲食の出店:食材は購入してから入場しましょう。
    風呂:湯河原町の日帰り温泉の利用をおすすめします。
    DJラインナップ:バーニングジャパンはフェスではありません。オーガナイザーズはブッキング等を行いません。各サウンドキャンプへお問合わせください。

Leave no trace 〜 ゴミは持ち帰る

何もないところに街を作ってまた何もない土地にして返すのが、バーニングマン関連のイベント全てに共通した心がけです。参加者自らが持ち込んだものは全て持ち帰る事で、会場にゴミを残して行かないようにします。

会場にゴミ箱はありませんので、ゴミ袋を持参してください。

  • ゴミになるものは持ち込まない。
  • 買い物をしても必要ないもの、値札やパッケージなどは入場前に剥がしておく。
  • 使用した後に始末に困るものは持ち込まない。 アートやパフォーマンスにバラバラ散らかるもの、ちぎれて飛んでいく弱い素材等を使用しない。羽根や紙吹雪、グリッターやクラッカー等はご遠慮ください。
  • ゴミが地面に落ちる前に集める。
  • 誰のゴミであろうと見つけたら拾う。

ゴミは自宅まで持ち帰って処分してください。
なお、ゴミの野外焼却は禁止です。焚き火に入れて燃やすのは木材や紙類まででお願いします。

電車利用の方

湯河原温泉キャンプ場はJR湯河原駅から車で10分と近いので電車利用の参加者が多くなると予想しています。
電車利用の為、持ち帰りが難しい場合は受付GATEで預かります。
途中の駅やコンビニ等に置き去りにする事のないようお願いします。

情報収集

Meetup

バーニングジャパンに興味がある人なら誰でも大歓迎の気軽な集まりです。初参加から、経験者やアーティストまで、いろんな人が集まる交流の場です。今年はオフラインでの集まりが計画出来ないので、オンラインで行っています。

オンラインMEETUPはこちら

テーマキャンプ

「テーマキャンプ」とは作品や出し物等を創り上げる為に一緒にキャンプするグループのこと。バーニングジャパンで今度はこんな事したい、これを作りたい、大きな場所が欲しい等、わくわくするような計画を立てている人は前もってテーマキャンプ登録をしてスペースを確保してください。

テーマキャンプ&アート申請はコチラ

ボランティア

バーニングジャパンはボランティアで成り立っています。何か出来ることはないかなと迷ったら、まずはボランティアに飛び込むと仲間が見つかります。

アート&パフォーマンス

バーニングジャパンは会期中アートで溢れます。参加者それぞれが力の限り自己表現を行う事が、互いにリスペクトされる場です。中でも大きなもの、火を扱うものなど展示場所を確保する必要があるものは、事前に申請をお願いしています。

テーマキャンプ&アート申請はコチラ

コミュニティに入ろう

イベント前に仲間と出会えるしくみ

水、食料、キャンプ道具、アートなど、イベントに必要なすべての装備をすべて自前で用意して、参加するのは大変です。そんなときには、参加者が事前に集まるコミュニティを活用しましょう!

まずはオンラインMeetupを通じて、イベント開催前から参加者同士で交流してみましょう。

COMMUNITY