VOLUNTEER

会場のランティアイメージ

会場ボランティア

バーニングジャパンはボランティアで成り立っています。会場に到着して、ゲートで迎えてくれるのも、駐車場に案内してくれたり、困った時に助けてくれるのも皆、参加者です。ひとりひとりが積極的に関わって街をかたちづくる上で、ボランティアは欠かせません。誰かの為に時間を割いてくれているというのは、ギフトのひとつだという考えです。バーニングジャパンでは「スタッフさん」と「お客さん」といった関係ではなく、手伝ってくれる友達とその人からギフトを受け取る友達という関係になれたらと思います。

大きく分けて、会場ボランティアはゲートとレンジャーの2種類。ゲートのほうが誰でも始めやすく、レンジャーにはレンジャートレーニングが必要です。応募する時はどちらか一方にお願いします。

Gate

ボランティア内容

参加の手順

参加者を「おかえりなさい」と迎え入れるのが主なお仕事。ゲートのボランティアはこの街の顔です。皆にスムーズに入場してもらえるようお手伝いしつつ、来た人の誰とでも楽しく関われる素敵なポジションです。
駐車場とキャンプエリアが離れているので、参加者はゲート前で荷降ろしをしてチェックイン、車は少し奥の駐車場に停める必要があります。特にちょこっとでも英語対応できる人、英語を練習したい人なんかも大歓迎です。

内容: 紙チケットのもぎり、リストバンド配布、荷降ろしと駐車場への誘導など
募集時間帯: 10月6日〜8日 朝9時から夜9時まで
シフト: 1回4時間から、1人1日1回まで
申込: ウェブサイトの申し込みフォーム

ポイント: 会場にたどり着いた人を心から大歓迎している〜と遠目にも分かるような愉快な格好をしていると、いろいろ捗ります。

ボランティア申込みフォームを送信すると係から返信があります。シフト表は9月に発表、各自に連絡します。最初のシフトに間に合うよう会場入りをお願いします。他に、特別な準備は必要ありません。

10月までの間に3回、ミートアップを開催予定です。実行委員がボランティアについて詳しくお話する予定なので、様子が分からない時はどれかに参加してみてください。

※入場チケットやディスカウントといった特典は用意していません。各自でチケットを購入する必要があります。

Ranger

1. ボランティア内容

2. 参加の手順

バーニングマンや世界各地のリージョナルバーンに共通しているボランティアの一つがレンジャーです。大きな事故を未然に防ぐことができるよう、会場内での参加者の安全を見守ります。それぞれが自由に自己表現を行っても、トラブルになったり、怪我をしたりする事がないよう気配りのネットワークを作り上げる事がカルチャーの一部になっています。

レンジャーという言葉はカッコイイのですが、実際のところ警察ではありませんし、警察のようにも振る舞いません。何か偉い権限を持って命令をしたりする訳でもありません。同じ参加者として、どうしたらより良い解決が可能なのか、町内会の「火の用心!」の見回りようにコミュニティ全体を見渡しつつ、一人ひとりと暖かく関わっていきます。こういった活動がトラブルの種を未然に摘み取る様子を何回も見てきました。大雨や強風、火の始末について注意喚起したり、会場内を楽しく見回っているようでいて、レンジャーはいろんな事に目を配っています。

レンジャーの詰め所はレンジャーステーションとして、気分がすぐれない人や休憩が必要な人、話し相手がほしい人の為に開放します。会場には救急用のメディカルスタッフが常駐しますが、そこまで酷くはない・・けど辛いという人の為の駆け込み寺のような所です。見回り担当以外のレンジャーはこちらに持ち込まれる様々な相談に対応します。

内容: 2人組での会場見回り、トラブル対応、レンジャーステーションの運営、フェニックスバーンでの安全確保、落とし物対応など
募集時間帯: 10月6日正午〜8日正午まで24時間対応
シフト: 1回4時間から、1人1日1回まで
申込: ミートアップ、および申し込みフォームから
条件: 事前にレンジャートレーニングに参加できる事
都内開催分または、会場にて開催の2回分(10月6日12時〜、7日朝9時〜)のいずれか。

ポイント: 遠目にもレンジャーだと分かるようなアイテムを実行委員会で何か用意します。2015年は法被、2016年はワッペンでした。今年何になるかはお楽しみに。

主にミートアップでのボランティア募集を行うので、説明の後に申込みフォームの送信をお願いします。フォームの送信後に係から返信があり、レンジャートレーニングの日取りなどを調整します。ミートアップへの参加が難しい場合は申込みフォームにて現地でのレンジャートレーニングを希望してください。シフト表は9月に発表、連絡の予定です。

どんな人がレンジャーになるのか、参加経験がないとイメージがつきにくいと思うのでヒントを書いておきます。

レンジャーにかなり向いている人
人のお世話をするのが好き、お気楽な人、ユーモアセンスのある人
フットワークの軽い人、がまん強い人
観察眼の鋭い人、コミュニケーション能力の高い人、判断力のある人
介護や看護の経験のほか、セラピーやヒーリング、マッサージ等に興味のある人

レンジャーにあんまり向いてない人
正義感の強すぎる人、間違った事を許せない人
場をコントロールしたい、人に指示を出すのが得意な人
シフトの間シラフでいられない人

申し込みフォーム

会場ボランティア申込み